劇場の椅子が座りやすくなりました!

演 劇

2017 06 10

劇場の椅子が座りやすくなりました!

 

ACM劇場についてお客様からいただくご意見(不満に思うこと)のなかで最も多いのが、

「椅子が固すぎて腰やお尻が痛くなるのでなんとかしてほしい」

という、座席についてのご要望です。

 

背もたれが木でできており、座面との角度もほぼ90度。長時間の観劇には厳しい…

 

 

我々劇場スタッフも、この問題をどうにかしたいと思う一方、

椅子の総入れ替えなどは時間も費用も莫大にかかりますし、なかなか解決策を見つけられないでいました。

 

そんななか、一つの画期的な方法が総務スタッフから提案されました。

「背もたれにクッションをつけよう!!」

 

そして開館から27年、ついに昨日(6/9)、

劇場イスのプロフェッショナルであるコトブキシーティングさん製作の

ふかふか背もたれクッションが納入・設置されました!

 

劇場の色味に合わせた4色がランダムに配置され、

これまでの雰囲気と違和感なくマッチしていますね。

 

座席番号も見やすくなりました。

 

 

お披露目は今週末の水戸芸術祭・三曲各流演奏会。

そして翌週からのACM劇場企画公演は、

6/17、18の「ドゥエンデ・デル・フラメンコ―フラメンコの妖しい魅力―」

7/8「ニッポン芸能史を生きた男・森田さんの愉快な一生」

7/28〜30「ピノキオ または白雪姫の悲劇」

と、見応えたっぷりの公演が続きます。

新しい背もたれを付けた椅子の座り心地も、ぜひ確かめにいらしてくださいね。

 

少しでもお客様の観劇が快適なものになりますように。

 

 

演劇スタッフ水戸芸術館
水戸芸術館 演劇スタッフ
mitogei.play@gmail.com