藤森照信展で展示された「せん茶」が…

美 術

FEATURE

2018 01 19

藤森照信展で展示された「せん茶」が…

昨年、開催された展覧会「藤森照信展-自然を生かした建築と路上観察」(2017年3月11日~5月14日)で展示されていた茶室「せん茶」が、広島市現代美術館での巡回を経て水戸に戻ってきました!

「せん茶」は、水戸東照宮(茨城県水戸市宮町2-5-13)に現存している徳川斉昭公の考案による安神車(戦車)から着想を得て制作されました。

その縁により、このたび藤森さんより水戸東照宮に寄進されたのです。

設置の時の様子

 

普段はガラス越しに見ることが出来ますが、お茶会などイベントの際は扉が開かれるそうです。

扉が開かれた状態

 

 

現在開催中の展覧会、デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド-ようこそダークなせかいへ」は今週末で終了となります。

展覧会とあわせて、水戸東照宮の「せん茶」もぜひご覧ください!

 

現代美術スタッフ水戸芸術館
水戸芸術館 現代美術スタッフ
mitogei.art@gmail.com