ハロー・ワールド展 今週末オープン!

美 術

FEATURE

2018 02 08

ハロー・ワールド展 今週末オープン!

「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」が今週末2月10日(土)より開幕します。

本展は、高度に発達した情報社会と人間の関係を考察するグループ展です。技術革新がもたらす時代の光と影について、アーティストはどのように反応しているのでしょうか。これまで日本の現代美術の中で紹介される機会の少なかった国内外8組の作家による、映像や写真、インスタレーション、ロボットによるパフォーマンスなど多彩な作品を展示します。

【参加作家】
デヴィッド・ブランディ、小林健太、サイモン・デニー、セシル・B・エヴァンス、エキソニモ、レイチェル・マクリーン、ヒト・シュタイエル、谷口暁彦

 

2月10日(土)より3日間、関連企画として本展出品作家と多彩なゲストを交え、それぞれの活動や展覧会のテーマを掘り下げるトークイベントも開催します。参加費無料ですので(展覧会入場料に含まれます)、ぜひこちらも合わせてお楽しみください。

日時:2月10日(土) 13:30~15:00(開場13:00) ※日英逐次通訳
セシル・B・エヴァンス×久保田晃弘(多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース教授)

久保田晃弘(多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース教授)

 

日時:2月11日(日) 16:00~17:30(開場15:30) ※日英逐次通訳
サイモン・デニー×江渡浩一郎(独立行政法人産業技術総合研究所/ニコニコ学会β/メディアアーティスト)

サイモン・デニー

江渡浩一郎(独立行政法人産業技術総合研究所/ニコニコ学会β/メディアアーティスト) 撮影:本田雄士 

日時:2月12日(月) 14:00~15:30(開場13:30)
エキソニモ(赤岩やえ・千房けん輔)×砂山太一(京都市立芸術大学特任講師)×水野勝仁(甲南女子大学文学部メディア表現学科講師)

エキソニモ(赤岩やえ・千房けん輔)

 

砂山太一(京都市立芸術大学特任講師)

 

会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員:70名(先着順・予約不要) ※各回開始2時間前からトーク会場前で整理券を配布します。
参加費:無料(展覧会入場料に含まれます)

水戸芸術館現代美術センター公式twitter(@MITOGEI_Gallery)では #ハロー・ワールド展 関連情報をつぶやいていますので、フォローしていただければ幸いです。

現代美術スタッフ水戸芸術館
水戸芸術館 現代美術スタッフ
mitogei.art@gmail.com