「今昔雅楽集 七夕の宴」 演目のご紹介と配役

伶楽舎

音 楽

2018 06 14

「今昔雅楽集 七夕の宴」 演目のご紹介と配役

7月7日(土)に雅楽アンサンブル「伶楽舎」をお招きして開催する「今昔雅楽集 七夕の宴」
1985年の伶楽舎創立時からのメンバーである宮丸直子氏に、今回の演目について解説していただきました。今回は、雅楽の有名曲もあれば、なかなか聴くことのできない曲もあります。気になる曲がどんな曲なのか、イメージを膨らませていただければ幸いです。

あわせて今回出演くださる演奏家の配役も発表いたします。現代日本を代表する雅楽演奏家が名を連ねている伶楽舎の演奏をどうぞお楽しみください。チケットは好評発売中です。

◆芝 祐靖 復曲・構成:露台乱舞ろだいらんぶ

雑芸 白薄様 / 管絃 平調音取、越天楽 / 朗詠 二星 / 阿音三返 / 雑芸 早鬢多々良 / 管絃 王昭君 / 乱舞と今様 萬歳楽 池の涼しき / 雑芸 伊佐立奈牟

平安時代後期から室町時代にかけての宮中での歌舞の宴を再現したもので、雅楽古典曲と復元曲から成る組曲。歌、管絃や舞が次々と披露され、演奏中に興に乗って、歌い出したり、立ち上がって舞い始める者があったり、と、今日の雅楽からは想像できないほど、当時の貴族たちが自由に雅楽を楽しんでいた様子が描かれています。これまで国内外で何度も上演され、好評を博している作品。今回は七夕に因んで朗詠〈二星〉を入れて構成しました。(宮丸)

配役

笙(歌):宮田まゆみ、石川 高、北村茉莉子
篳篥(歌):田渕勝彦、中村仁美、小林勝幸(萬歳楽舞)
龍笛(歌):八木千暁、笹本武志、伊崎善之、角田眞美、〆野護元(萬歳楽舞)
琵琶(歌):中村かほる(早鬢多々良舞)、中村華子
箏(歌):野田美香、平井裕子
鞨鼓・三の鼓(歌):宮丸直子
太鼓(歌):三浦礼美
鉦鼓(歌):鈴木絵理

◆芝 祐靖 復曲:曹娘褌脱そうろうこだつ より (正倉院復元楽器版)

角調調子 / 序 / 褌脱 / 颯踏

管絃の名手、希代の天才、今日では『陰陽師』の小説、漫画、映画で知られるようになった源博雅(918~980)が編纂した雅楽譜『新撰楽譜』にのみ記載されている曲で、早くに廃絶。芝祐靖が楽譜を解読、復元し、正倉院の復元楽器を含む合奏曲として再興したもの。〈角調調子〉という音調べの曲に続いて〈序〉、〈褌脱〉、〈颯踏〉の楽章を演奏します。排簫、古代尺八、大篳篥、竽、箜篌、方響、など、復元された古代楽器類は、こんな楽器が日本に伝えられていたのかと、驚くほど多彩な音色を響かせます。(宮丸)

配役

笙:北村茉莉子
竽:石川 高
篳篥・大篳篥:中村仁美、鈴木絵理
横笛:角田眞美
排簫:伊崎善之
尺八:笹本武志
琵琶:中村かほる
阮咸:中村華子
箜篌:三浦礼美
鉄絃箏:野田美香
磁鼓:田渕勝彦
方響:宮丸直子

宮田まゆみ(笙・竽)

宮田まゆみ(笙・竽)

◆宮田まゆみ:滄海うみ

竽は笙と同族の楽器で、笙より1オクターブ下の音域を奏す楽器。早くに廃絶してしまいましたが、これを復元したところ、柔らかく美しい音色が甦りました。国内外で活躍する宮田まゆみは伶楽舎メンバーであり、この曲について「笙の音は天に立ち昇るような印象ですが、竽は深い海にゆっくりと遊ぶような響きです。この楽器の音色に惹かれ、仙人の棲む伝説の海「滄海」の名を借りて〈滄海〉と題する小品を作りました」と述べています。(宮丸)

竽 独奏:宮田まゆみ

◆武満 徹:秋庭歌しゅうていが

現代雅楽の草分け的作品であり、かつ現代雅楽の傑作。1973年に国立劇場の委嘱によって作曲され、1979年に、この〈秋庭歌〉を第4曲に置いて、演奏者29名、前後に5曲が加筆された大曲〈秋庭歌一具〉となりました。楽器編成は雅楽の「管絃」を元にしながらも、独自の工夫で構成、配置され、17人の演奏者は4つのグループに分かれて演奏し、特別な音響空間が演出されます。曲中、雅楽の古典に倣った奏法が幾つも取り入れられており、いずれも武満ならではの鋭い感性で捉えられ、作品の中に見事に生かされています。伶楽舎では創立以来、〈秋庭歌〉〈秋庭歌一具〉の演奏を続けており、一昨年は、〈露台乱舞〉と〈秋庭歌一具〉のプログラムが評価され、佐治敬三賞を受賞しました。(宮丸)

配役

[秋庭]

笙:宮田まゆみ
篳篥:中村仁美
龍笛:八木千暁
高麗笛:笹本武志
琵琶:中村かほる
箏:野田美香
鞨鼓:宮丸直子
太鼓:平井裕子
鉦鼓:〆野護元

[木魂]

笙:石川 高、三浦礼美、北村茉莉子、中村華子
篳篥:鈴木絵理、田渕勝彦
龍笛:角田眞美、伊崎善之

〈露台乱舞〉〈秋庭歌〉で使われる雅楽の楽器と、〈曹娘褌脱〉〈滄海〉で登場する復元された古代楽器については、伶楽舎のウェブサイトに写真付きの紹介ページがあります。ご覧ください。
http://reigakusha.com/home/introduction

篠田 大基
篠田 大基
hshinoda@arttowermito.or.jp

音楽部門学芸員